スタッフブログ

今回のW杯で感じたこと (関西 大阪 梅田より投稿)

2018.07.13

 

 

 

 

まだ終わっていませんが…笑

 

今回のロシアW杯、たくさんの素晴らしいゴールや素晴らしいプレー、

誰もが想像もしなかったような結果など、とても面白いものとなりましたね。

しかし今回私がサッカーを長年プレーし、GKの目線で見えたものがあります。

 

 

各国代表のGKは、それぞれビッグクラブで活躍する選手ばかり。

写真は90年代マンチェスター・Uの絶対的守護神として君臨した

ピーター・シュマイケルの息子。デンマーク代表GKカスパー・シュマイケル選手です。

 

私もGKを現在社会人チームで務めていますが、この大会でとても勉強になる部分も多くありました。

海外のGKは総合技術がとても仕上がっていて、日本が敗退したベルギーGK、クルトワ選手も

英国プレミアリーグの強豪「チェルシー」で不動の守護神の地位を築いています。

あの最後のカウンターのきっかけを生んだ張本人ですが、

球の出すタイミングも確実でしたし、何より守備範囲の広さが日本代表を苦しめました。

 

イングランド代表GK、ピックフォード選手はまだ24歳。

同国には長年守護神として君臨していたJ・ハート選手がいたのですが、

今大会まさかの落選。急遽ピックフォード選手にチャンスが回ってくると、大会中は大活躍。

これから間違いなく同代表のゴールマウスを背負う選手になるでしょう。

 

このことから鑑みると、日本GKのレベルをもっと底上げしないといけないなぁと感じます。

海外GKは控え選手のレベルも高く、誰が出てもしっかりと仕事を成し遂げます。

しかし日本ではある程度同じ選手が長年スタメンを務め、W杯や大きな大会に出場しています。

FPの選手が続々と海外進出していく中、GKも海外挑戦していくことが重要なんではないかと感じます。

今大会も海外経験があるのはもちろん川島選手のみ。

2010年に正GKを務め出した時はまだJリーグ、川崎Fに所属していました。

 

そこで感じた、「世界との差」。

そこから川島選手は海外挑戦を始め、今に至ります。

GKのレベルが試合を左右する、というのも過言ではないですね。

日本人より海外で勝負する厳しさを普段から経験することによって、今回の代表も

素晴らしいプレーをたくさん私たちに見せてくれました。

 

まだまだ川島選手に続く日本人GKは出てきていませんが、

これから次の2022年カタールW杯で誰が日本のゴールマウスを守っているのか。

それもまた非常に楽しみではありますね。

 

 

 

 

 
—————————————————-
大阪梅田会場で素敵な時間をお届け!

婚活・お見合いパーティー
恋活合コン
恋活友活フリーパーティー

あらゆるジャンルの出逢いをここ「ハピネス」で♪♪

【公式ホームページ】
https://www.happiness-party.jp/

新規会員登録で今すぐ使える1000ポイントゲット!
パーティー参加で最大なんと!2700ポイントゲット!
ポイント還元率業界NO.1♪
たった2分で簡単登録。
早速登録してパーティーに予約しよう!

【新規会員登録】
https://www.happiness-party.jp/member/signup.php

ハピネスで素敵な出逢いを
☆HAPPINESSでHAPPYに☆

—————————————————-

2018年1月から結婚相談所「マリッジサポートハピネス」がスタート♡

http://marisapo-happiness.com/

東証一部上場日本結婚相談所連盟IBJ加盟店としてサービスを開始!!

只今、期間限定で初期費用「無料」でご案内することも可能☆★

月々の費用も抑えており、でも中身は他の相談所様には怠らない内容♪♪

まずは、結婚相談所がどんなものなのか是非知ってください!

お気軽にお問合せください。お待ちしております♪♪

—————————————————-

LINE@友達登録してお得な情報をもらおう♪
ハピネス-happiness- : @zdf6954o

—————————————————-

≪ハピネス-happiness-≫
SNSのいいね・フォローどうぞよろしくお願いします☆

【facebook】
https://www.facebook.com/happiness.konkatsu/

【twitter】
https://twitter.com/happiness170301

【instagram】
https://www.instagram.com/happiness.ruby/

—————————————————-
担当:嶋津(関西 大阪 梅田より投稿)

関西エリア

Staff: 嶋津啓介

ご案内